競艇選手の収入とクラス分け

競艇選手の収入のほとんどはレースからえる賞金ですが、もちろん獲得できる賞金は選手によってバラバラである。平均年収としては1700万円で、最底辺の選手でもが800万の収入とかなりの高給である。

そしてトップクラスともなれば一億円以上も稼ぐ競艇選手も珍しくない。

今のところ競艇選手の年間獲得賞金の最高額としては2011年に行われた賞金王決定戦競争覇者の2億5千万円以上の懸賞金がなどがある。

また選手の収入には賞金以外にもレースに参加することで得ることができる日当などもある。


この日当は競艇場にて選手に対し現金で支払われるようになっているが、獲得賞金は原則として銀行振り込みが使われている。

競艇選手にはいくつかの条件により決定されるクラスというものがあり、上位からA1、A2、B1、B2までのクラスがあり、それぞれの定律は20パーセント、20パーセント、50パーセント、その他と分けられている。


このクラスの決定をするための審査を級別審査と呼ばれる。その為の基準としてA1になる為には勝率上位者であること、複勝率が2連対率30パーセント以上、3連対率が40パーセント以上であること、出走数が90走以上であることが求められる。

A2になる為にはA1を除く勝率上位者であること、複勝率が2連対率30パーセント以上、3連対率が40パーセント以上であること、出走数が70走以上であることが求められる。
B1になる為にはA1、A2を除く勝率上位者であること、2連対率10パーセント以上、3連対率20パーセント以上、出走数が50走以上であることが求められる。

B2はA1、A2、B1の条件を満たしていない者や又は事故率が0,70以上の者、他にはまだあまり経験を積んでいない新人選手などが当てはまる。

このクラス分けは競艇選手だけではなく、ファンにとっても重要であり、クラスの上下や勝率、複勝率の大小は選手のレベルをはかり、舟券を予想する上でも重要な要素になる。

http://keirin.jp/pc/dfw/dataplaza/guest/
http://keirin.jp/sp/dfw/dataplaza/
http://www.ucatv.ne.jp/~u-keirin/



池袋のダンススクールを利用してみる価値はありますよ。